コレクターの気持ちをかき立ててきたおもちゃ3選

自動車はいつの時代も人気

パトカーや救急車、ショベルカーなどを模倣したミニカーで遊んだ経験がのある人は多いのではないでしょうか。ミニカーは世代を問わずに多くの人が子供時代に興味を持ったことがあるおもちゃであり、比較的近年ではモーターがついていて走るミニカーも人気があります。こういった自動車への魅力は大人にも訴えかけるものがあり、ミニカーのコレクションを持つコレクターも大勢います。人類の文明が作り出した秀逸品である自動車はおもちゃでも人気が高いのです。

古くて希少価値の高いアンティーク

コレクターが集めたいあるいは手に入れたいと考えるものの多くに共通するのが希少価値が高いという点です。その点において突出しているためにいつの時代もコレクターの心をかき立てるのがアンティークのおもちゃです。時代が経ってもその秀逸さは誰もが理解できるものであり、美術品としても価値が高いものが多数あります。そういったものの中から思い入れのあるものを集めるというのはコレクターにとって至高の楽しみとなるのです。

現代の流行であるアニメフィギュア

コレクターの心に火をつけるものとして最も現代的でありながら、その人口も多いのがアニメフィギュアです。アニメやゲームに登場するキャラクターグッズ一般と言ってもよいかもしれませんが、キャラクター人気の高まりによって多くの人がこぞって集めるようになっているのです。それに目を付けて販売会社の方も期間限定品や限定生産のフィギュアを準備することによってさらにコレクターの気持ちをかき立てる営業を展開するようになっています。

フィギュアの買取をしてもらう際に、お店に最初に持って行き、その後にネットオークションに出してみて、お店よりも高い金額をつけてもらえればオークションで売った方が得です。

男性はコレクションが大好き!?その理由を知れば男性の心をつかめるかも?

男性は見る事が大好きな生命体

男性は女性と比べて見る事が好きな傾向にありますよ。女性は化粧でも現れている様に美しく見られる事に意識が高まり易いですよね。これは、古代から伝わっている物であり、男性は外で狩りを行うために目で獲物を見つけなければならず、戦争においても目で敵を探さなかればならなかったためです。今でもその潜在的な思いは別の形として現れ、コレクションと言うのは一種の獲物をとらえた時の快感を作り出していると言えますね。ですので、女性の方は、理解できない人とは思わずに、男性とはこの様な潜在的な思いを持ち合わせている生命体だと考える事が大切ですよ。

男性は昔のおもちゃが大好き

男性は女性とくらべて感情よりもその反対の理性的な考えを持ち合わせ易い傾向にあります。理性と言うのは、論理的な思考ですが、これは、過去の情報を引き出し、それと比較しながら分析を行う内容が現れ易くなります。つまり、過去の情報と言う物に意識が集まり易く、この思いが昔のおもちゃを呼び起こす事もあります。子供時代に買えなかった内容が、大人になって経済力を見につける事によって、子供の時の思いを満たす方も多くいますよ。子供時代に流行ったおもちゃなどを、プレゼントして見れば、男性の心をつかむ事ができるかもしれませんよね。

男性が求めるコレクションは自分よりも力強い物

女性の方もぬいぐるみなどのコレクションを集める方もいますが、どちらかと言えば弱々しく、母性本能を刺激させてくれる様な物で守ってあげたい思いが生まれてくる物ですよね。男性が求める内容と言うのは、その反対の力強さが漂ってくる様な内容ですよ。その強さを感じる事によって、自分自身の心にも強みが生まれ、男性としての快感を作り出す事が可能になります。これらは、あくまでも傾向にあり、女性の中にも男性的な思いを持ち合わせている人もいれば、男性の中にも女性的な思いを持ち合わせている人がいますが、男性の心を理解できれば、男性を引き寄せるためのテクニックとして利用する事が可能になります。

フィギュアの買取とは、いらないと思った人が売ろうと思った時に、買い取ってくれるところのことです。便利です。

どうやって手に入れる?レアなおもちゃのコレクション

レアなおもちゃ集めは大人の醍醐味

子供の遊び道具の代名詞とも言えるのがおもちゃですが、一般におもちゃと言われるものの中にも大人にとって価値が高いものが多々あります。芸術作品とも言えるものから、単純に手に入りにくいものまで、ただ子供が手にするものとは違うおもちゃが多数あります。手に入りにくいレアなおもちゃを集めてコレクションにすることに醍醐味を感じている大人も大勢います。おもちゃにはその種類に応じて子供も大人も楽しめる魅力があるのです。

コレクションのためのレアもの探し

レアなおもちゃのコレクションをする人にとっては、そのレア情報を集めた上でなんとかしてそれを探し出すことが大きな趣味となっています。多くの人が自分の趣味に対してそうであるように、その目的のためならかなりの努力も出費もいとわず、その作業そのものに楽しみを感じているのが一般的です。レアものを求めて情報収集をすることで同じような趣味を持つ人と出会えたり、新しいおもちゃの情報を手に入れられたりすることでよりおもちゃコレクションへの意欲が湧いてくるのです。

基本的なレアおもちゃの探し方

レアなおもちゃというのはそう簡単に手に入るものではありません。コレクターは一度手に入れたレアなおもちゃはなかなか手放したいと考えるものではなく、人から人へとわたることは滅多にないからです。おもちゃを扱う骨董品店を巡ったり、オークションに目を光らせたりすることで思いがけないレアものを見つけられる可能性はあります。しかし、欲しいものを探すというときには同じコレクター仲間を伝って持っているひとを探し出すというのが基本になります。

フィギュアの買取に出す時は、買取金額がわからないので不安になることもありますが、査定だけでも可能なので店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。

鉄道模型の趣味について知っておきたいこととは

NとHOの選択は家の広さと価格で決まる

おもちゃの趣味として鉄道模型がありますね。鉄道模型には様々なサイズがありますが、日本では9番、つまりNゲージが主流となっています。16番のHOゲージは海外で主流になっていますが、今一つ日本で流行らない理由は日本の住宅の狭さにあるのですね。逆に言えば海外の家が大きいということでもありますが。また、価格の問題もありまして日本ではモーターが付いていない車両1両で1000円から2000円程度ですが、HOの場合は何と!5000円から6000円ぐらいになります。

Nゲージにかかる最低限のお金は

Nゲージを買う人には趣味として集めて棚などに飾っているコレクターと呼ばれる人もいますが、多くは動かして遊んでいます。Nゲージを動かすのに最低限必要な物は、レール、モーターが付いた車両、コントローラー、コントローラーとレールをつなぐコードです。ばら売りで購入しても15000円ぐらいかかりますが、セットでも販売されており、車両が3両から4両ほど付いていて19000円ぐらいになります(セット内容によっても価格が変わってきます)。

長く楽しめるNゲージ

Nゲージはどんどん集めると面白くなっていきますので、結構お金がかかってしまうところに問題があります。毎月いくらまでと予算を決めておけばそのようにはなりませんが、なかなか欲を抑えるのが難しい趣味と言えますね。基本セットを購入すれば、さらにレールが欲しくなりますし、レールを買えば今度は駅が欲しくなります。駅を買えばポイントが欲しくなり、ポイントを買えばもう一編成列車が欲しくなるのです。よく言えば長く飽きずに続けることができる趣味なわけです。

フィギュアの買取をする場合には宅配で対応が出来るサービスを利用すれば面倒な手間も掛からないので良いといえます。

自ら作る!?楽しめる手作りおもちゃの趣味

手作りの定番!ぬいぐるみおもちゃの自作趣味

おもちゃは、既成品を購入するばかりが趣味ではありません。手作りもまた、おもちゃを楽しむための方法の一つであり、手作りおもちゃの趣味で、クリエイティブにおもちゃを楽しめます。手作りのおもちゃとして、ぬいぐるみは定番の趣味といえるでしょう。ぬいぐるみ作りは、材料も手に入れやすく、高度な製造技術もそれほど必要ないため、比較的ハードルが低いおもちゃの趣味にできます。特に女性の趣味として、人気が高いジャンルですね。

ぬくもりがある!自然な質感がいい木のおもちゃ作り

身近にある素材として多く利用されているのが木材であり、木材を使ってのおもちゃは、古くから用いられてきたものです。手作りのおもちゃとしても、木のおもちゃはふさわしいテーマなのです。ただし、木の加工作業には、多少の技術と加工用の機器を用意する必要があります。また、安全に作業するために、専門の作業場所が確保できるといいでしょう。木工の趣味を持っている人はすぐに、その技術を木のおもちゃ作りに活かせるでしょう。

簡単でお手軽!紙を使ったおもちゃの趣味

加工しやすさで使い勝手がいいのが紙であり、紙のおもちゃ作りは、子供と一緒に楽しめるおもちゃの趣味としてうってつけです。紙は簡単に手に入り、なにより安価である事が魅力的でしょう。紙のおもちゃに使う素材としては、厚紙やダンボールなどがあります。また、部品の接着のためのテープや接着剤なども、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。作業場所を選ばず、クリーンで後片付けも簡単という点で、気軽に始められる趣味でもあります。

おもちゃの買取を依頼したいなら、複数の業者に見積もりをお願いしたあとに、それぞれを見比べて選択しましょう。

いろいろな集め方がある!おもちゃをコレクションする楽しみ

おもちゃをコレクションする気持ちとは?

おもちゃのコレクションを趣味としている人もいるでしょう。おもちゃを集める人の気持ちを想像してみると、それはリスがどんぐりを集めたり、人間がトイレットペーパーをスーパーでたくさん買ってきてストックしていること似ている面もあり、たくさんあると安心といった心理がある気がします。しかし、それだけでなく、おもちゃ収集の場合は、具体的に生活の役に立つ訳ではありませんので、収集の動機が単なる好きだからという点にあるのが特徴かもしれません。

集めることが想定されているおもちゃを集める

おもちゃをコレクションすると言っても、人それぞれ集めるテーマや集め方は違うかもしれません。おもちゃ集めの一番よくあると思われるパターンは、おもちゃメーカー側でコレクションされることを想定して作られたおもちゃを集めることでしょう。例えば、ミニカーであれば、パトカーだけでなく消防車やタクシーも集めることになるでしょうし、腕時計にはめるコインの種類を増やすことで遊び方が増えるようであればそのコインを集めるといった具合です。

自分の基準でおもちゃを集める

おもちゃのコレクションのもう一つのパターンは、自分独自の基準があって、それに従って収集するという方法です。例えば、ある年代に発売されたおもちゃを集める、戦隊ヒーローものに関するおもちゃを発売された年代を問わず集めるというようなやり方でコレクションを進めていくのです。こうなってくると、そのおもちゃ自体で遊んで楽しむという要素よりも、集めること自体が楽しいという世界に入っているのかもしれません。これも立派なおもちゃコレクションの楽しみ方でしょう。

おもちゃの買取をしてくれるお店には、大きく分けて2つのタイプがあります。実店舗で買い取りをしてくれるお店と、宅配で買い取りをしてくれるお店です。状況に応じて使い分けると便利です。

ミニチュアのおもちゃで作れる色々なジオラマ

ミニチュアのおもちゃとコレクター

ミニチュアの人や乗り物のおもちゃはたくさんおもちゃ屋で見かけることができます。特に乗り物のおもちゃは子供にとても人気のあるものであり、実物に近いものからコミカルにアレンジされたものまで多数のミニチュアの乗り物が販売されています。しかし、こういった人や乗り物などのおもちゃのうちで特に実物に近いものについては精力的に集めるコレクターも存在しています。コレクションを作り上げることで様々な楽しみを持っている大人もいるのです。

おもちゃを集めて見て楽しむことはセンス

ミニチュアを集めることはコレクターにとってはそれ自体が楽しみであると共に、集めたミニチュアを鑑賞することが楽しみとなります。画家の絵を見て感銘を受ける人もいればただの落書きと思う人もいるように、作品に対して感動や美を求められるかどうかはその人のセンスによります。精巧に作られたミニチュアを見るとその芸術性に感動するセンスを持っている人がコレクターとなることが多いでしょう。おもちゃとはいえ作った人にとっては一つの作品であり、芸術的価値を見いだせて当然なのです。

ミニチュアでジオラマを作る楽しみ

実物同然のミニチュアを手に入れると、それを組み合わせて使用することによってジオラマを作ることもできます。家や木、人といったものを組み合わせていくことにより自分の想像する未来都市のジオラマを作り出せます。また、戦車や兵士などのミニチュアを組み合わせて戦場を作り出すこともできるでしょう。そういった自分の想像を実際に目の前に作り出すこともできるのがミニチュアの魅力であり、コレクターがミニチュアを使って楽しむ方法の代表的なものです。

要らなくなったおもちゃは、おもちゃの買取を利用することで売却することができ、事前に査定をしてもらえるサービスもあります。

全種類を集めると値打ちの出る食玩コレクション

食玩コレクションの買取業者

子供向けのお菓子を買うと、オマケでおもちゃがついてくるのは今も昔も同じです。しかし昔と違うところは、ひとつひとつが独立しているのではなくキャラクターなどのシリーズものになっているという事と、それらを全種類まとめて集めるとコレクションとしての価値が出て、買い取ってくれる業者まで存在するという事です。箱の中にどの種類が入っているかは開封するまで分かりませんから、全種類を集めるとレア度が上がるというわけです。

食玩のトレーディングフィギュア

子供向けのアニメや特撮などのテレビ番組のキャラクターや、特に女の子が好きそうな動物のキャラクターものをフィギュアにした「トレーディングフィギュア」と呼ばれるコレクションは、数ある食玩の中でもとりわけ人気が高く、十種類以上あるシリーズを全て集めると一万円以上の買取価格になるものもあります。昔はミニカーが流行りでしたが、今はそういったジャンルよりも子供に受ける分かりやすいキャラクターのフィギュアが人気を集めているのです。

珍しいミニカーの食玩

昔に比べると数は少なくなりましたが、ミニカーの食玩は今もある程度は残っています。むしろ少ない分だけレア価値があるものもあり、場合によっては海外で人気が高くて、インターネットのオークションにかけると日本よりも海外のほうが高く買い取ってくれる場合もあるほどです。しかも車の種類が昔よりも広いバリエーションになっていて、戦車のようなマニアックな車種もシリーズ化しています。これらもかなりの買取価格をたたき出しているのです。

子どもの成長に合わせて使わないおもちゃもたくさん出てきます。そういった使わなくなったおもちゃは、おもちゃの買取に出すと良いでしょう。